残業代請求の際の付加金と遅延損害金とは

残業をしているにもかかわらず残業代の未払をいしているという企業に対して、社員は未払い分の残業代を請求する事ができるようになっています。

その中には未払い分の残業代を請求する以外にも付加金遅延賠償金と呼ばれるものも請求する事ができるようになっており、

場合によってはこれらを請求されたくないという事で、会社側との示談を成功させるための材料として利用することも可能となっています。

付加金とは

付加金は簡単に言ってしまえば会社側に課す事が出来るペナルティであり、未払い額と同額で請求できるお金の事を言います。

つまり、裁判を起こされた場合会社側は実質的に2倍の金額を請求されることになるので、裁判を回避しようと動くことが多く、

実際に請求するものというよりは、裁判ではなく示談で解決するための交渉材料として利用されることが多いようです。

付加金は裁判を行い判決が下されると初めて付加されます。

遅延賠償金とは

遅延賠償金は簡単に言ってしまえば未払いの残業代に年利6%を付けた金額のことで、要するに利息を付けて請求することができるようになっているものです。

また、すでに退職している場合は、年利14.6%に引き上げられます。

付加金と同時に請求することができるようになっているので、トータル的に残業代以上の金額を会社側に請求できる点が大きなメリットになっています。

 

実際に請求する場合にはその人や企業によって対応が異なってきますし、場合によっては請求する事ができないということもあります。

また交渉をうまく進めるのにも法律の知識が必要となってきます。そのため、事前に弁護士に依頼すると有利に進めることができますし、

わからない部分を代理で対応してもらうことができるようになっているので、弁護士に相談しておくことがおすすめです。

 

Copyright 2017 残業代弁護士プラス