営業は残業代が出ないのか?

営業職で外回りをしている場合に残業代は出るのかどうかですが、原則としては出るということになります。

営業であろうが何であろうが、法定労働時間(1日8時間、週40時間)を超過した分は当然ながら時間外の労働であり残業代の対象になるのが原則です。

しかしながら実態としては、外回りの営業職には残業代と銘打った手当ては出されていないことも多くあります。

これは、出す必要がないという意味では決してなく、必要な取り決めがされているからという理由によるのです。

最もよくあるケースは、外勤手当て、営業手当てなどとして、基本給とは別に一律の手当てが支給されている場合です。

ただし、この場合でも手当てがあるからいついかなるときでもそれ以上は支払わないというのは実は適切ではありません。

その手当てが何時間分の時間外労働に相当するのかを予め明示した上で、それを超過した分は支払う必要があります。

 

そもそも何時間分の時間外労働に相当するのかを明示していないときは、それこそ1時間でも時間外労働をした場合はその分を支払う必要が生じます。

もう一つのケースは、外回りであって時間管理が困難であるために、みなし労働制を導入している場合です。

ただし、この場合はあくまでも時間管理が困難な場合に限ります。

営業職であっても、夜に営業所に帰ってきて営業日報を書いているようなことはあるでしょう。これを時間管理が困難という言い訳は通用しません。

同じように、タブレットやスマホなどにより、上司の指示命令を常に受けながら外回りしているときも、時間管理が困難であるとは見なされないでしょう。

このような場合に法定労働時間を超過した分については残業代の対象となります。

 

Copyright 2017 残業代弁護士プラス