固定残業代制の計算方法~残業代の請求可能なケース~

固定残業代とは

固定残業代制とは、給料に予め一定時間分の残業代を含めて表示しているもので、一般的にはみなし残業と同じものと考えられています。

別にこの固定残業代制そのものは違法でも何でもありませんが、働く側の立場から見ると得てしてブラックというか、問題のある制度になっていることが多いことが注意点となります。

固定残業代制でもどんな場合に残業代が発生するのか、その場合の残業代の計算方法はどうなるのか、固定残業代制とはどのようなものかを説明します。

固定残業代制の定義やメリット

まず、固定残業代制とは、次のように明示されていることが大前提です。

例えば、「基本給25万円(20時間分の残業代として3万円を含む)」というように、

基本給の金額、そしてそこに含まれている残業時間とその金額と、合わせて3つの要素が就業規則に明示されていなければなりません。

 

そして予め明示された時間数、この場合であれば20時間を超過して残業したのなら、

越えた分は残業代の発生に該当し、その分は会社に請求できます。

「当社は固定残業代制だから何時間残業しようとも月給は一律25万だよ」などというのは違法です。

逆にこの場合であれば、もし月の残業時間が20時間に満たなかったとしても、月給25万円は支払われなければなりません。それが固定残業代制の意味です。

つまり、規定よりも残業時間が少なくてももらえるものはもらえる、そして超過すれば超過分は別にもらえるというのがこの制度の趣旨でありメリットとして挙げられる点なのです。

しかし、この制度を誤解、曲解、あるいはどうみても悪用しているとしか思えない会社が多いことも事実ですから、注意点を挙げておきます。

固定残業代制の注意点

上述の3要素がそもそも明示されていない固定残業代制は問題です。

例えば、「基本給25万(残業20時間含む)」という標示があてはまります。

これではいくら分が残業代なのか分かりません。

万一、会社に聞いても明確な返事がないような場合は、そもそも固定残業代制そのものを取り入れていないと見なされることがあります。

ですから、1時間でも残業すればその分は残業代として請求できることになります。

固定残業代制の残業代の計算方法

固定残業代制の超過した分の計算方法は、簡単に言うと超過した残業時間×1時間あたりの残業代で残業代の総額が計算できます。

通常の勤務体系と残業代の計算方法は変わらないので、詳しい計算方法については残業代の計算方法をご参照ください。

支払われている残業代が正しいか確かめる方法

就業規則に、基本給の金額、残業時間とその金額の3つの要素が明示されている場合、一応その残業代が正しい金額なのか調べましょう。

 

例.

基本給25万円(20時間分の残業代として3万円を含む)の場合

1カ月の所定労働時間:176時間(1日8時間×22日)

 

まず1時間あたりの賃金を算出します。

 

22万円(残業代3万円を差し引いた1ヵ月の賃金)÷176時間(1ヵ月の所定労働時間)=1250円

 

次に、算出された1時間あたりの賃金1250円に残業代の割増率1.25をかけ、1時間あたりの残業代を算出します。

 

1250円×1.25=1563円

 

最後に、算出された1時間あたりの残業代1563円に残業時間20時間をかけ、残業代の総額を算出します。

 

1563円×20時間=31260円

 

これで残業代の総額は3万1260円ということがわかり、1260円の残業代の未払いが発生していることが判明しました。

残業代は1分単位で請求可能ですので、残業代の請求が可能です。

残業代の請求方法に関しては残業代請求の方法・流れ・手続きをご参照ください。

Copyright 2017 残業代弁護士プラス