残業で上司の指示がない場合の残業代は請求できる?

申告なしに休日出勤を行ったり、上司に無断で残業を行った場合に、残業代を請求できるかどうかという問題については、

行った無断の残業が「労働時間」として会社に認められるか否かによります。

行った無断の残業が労働時間として認められることにより、残業代の請求は労働者の当然の権利として主張することができます。

では労働時間として認められるためにはどういった要件があるか、ということですが、これについては「会社の指揮命令下に置かれていたか否か」と言う判断基準があります。

そのため「指示のない残業」が「会社の指揮命令下」にあったかという問題が発生し、トラブルになりやすいのですが、

黙示の指示と黙示の承認

結論を言えば、上司または会社がその残業を認識していれば、その時間は労働時間として認められるといった判例が出ています。

これは上司の指示があった場合はもちろんのこと、指示せずに残業していることを上司が認識している場合は「黙示の指示」があったものとみなされます。

残業していることを認識しているかどうかの判断ですが、業務日報などの時間外労働した記録を会社に提出しているような場合は、

会社は残業について「黙示の承認」を与えていたとみなされ、認識しているとみなされます。

 

また作業指示書等に緊急時に時間外労働を行うことで対応する等の記載がある場合は、無断の残業が発生することを会社があらかじめ認識していたとみなされます。

以上のようなことを踏まえると、会社や上司の命令がない状態で無断で残業を行った場合、上記のような労働時間の認識があった際は、

「残業は社員が無断で行ったことなので残業代を支払う必要はない」といった主張は正当性を欠くため、

残業代の未払いは許されることがなく、労働者は残業代を請求することが可能です。

 

Copyright 2017 残業代弁護士プラス