残業代請求 弁護士 札幌

北海道の中心となっている札幌では、他の地域への模範となるべく、雇用の創出から既存の仕事の健全化まで幅広い行政支援を展開しています。
日本の慣習として発生しやすいサービス残業については、行政としての指導のみならず、新しい分野での需要拡大によって雇用そのものを増加させることを促進中です。
求人数が増えることで、様々な年代の方が自分にとって適性がある職場を見つけやすくなり、転職しやすい社会になる効果もあります。
札幌の求職者への取組みとしては、地域住民を対象とした専門家によるメンタルケアや、具体的な就業体験による支援を行い、働く意欲を高める方向で力を入れているのが特徴です。
社会経験が多い中高年や主婦に対しては、ただ雇われて給料をもらうだけではなく、自ら起業する選択肢もあることを周知させ、同時に新しくできたベンチャー企業と研究機関の連携といった支援にも取組んでいます。
観光地として国内外で有名な札幌のメリットを活かして、飲食業界などの関連産業への人材供給を重点的に行っているのが、他の地域とは大きく異なっている点です。
サービス残業の発生原因を経済活動の委縮によるものと捉え、行政だからこそ実施できる産業政策によって根本的に改善しているのが札幌の取組みと言えます。
札幌の求職者への取組みでは、観光に訪れる外国人の増加や、海外へのブランド食品の輸出を促進させるためのプロモーション等のコンテンツ制作も急ピッチで進めているのが現状です。

Copyright 2017 残業代弁護士プラス