残業代請求 弁護士 福島

サービス残業という言葉があります。
労働の対価としての賃金を支払わないことは、労働基準法に違反する明確な違法行為となります。
賃金不払残業は、長時間労働や過重労働の引き金ともなっていて、人間的な生活を送る上でも、看過できない事象なのです。
残業代の未払いの実態があることの現実を直視し、その解消を図っていくことで、家族との触れ合いが深まり、心豊かな生活を送っていくためにも、大変重要なことです。
福島でも残業代の未払いトラブルが多発しています。
すでに他の会社に転職した元従業員が、残業代の未払い分を企業側に請求する事案も珍しくありません。
メディアでもたびたび報道されているところです。
残業代の未払いの現実を解消するために、使用者が労働時間を適正に管理するのは当然、職場風土の改革や適正な労働時間管理をするためのシステムの整備、そして、チェック体制の充実等を図る必要があるのです。
これらの施策を実行するには、労使が協力して取り組んでいいく必要があり、それによって、残業代の未払い事象の解消が期待できるものなのです。
福島では、残業代の未払い解消のために積極的にかかわっており、その一環として、意欲的な取り組みを行っている企業に対しては支援を惜しまない姿勢を堅持しています。
労働時間が適正に管理されていることで、その企業への就職希望者も増えてきますので、結果的には、人材確保につながるところから、企業にも大きなメリットをもたらします。
退職後も安心できる企業には多くの人が就職を希望します。
福島の求職者への取組みは広く理解を得られつつあります。

 

Copyright 2019 残業代弁護士プラス