転職してから残業代は請求できる?

転職後でも未払い残業代を請求できます。

これは、残業代を請求できる期間が2年間と定められているためです。

ただし、請求できる期間は2年間ですので、それより前の残業代を請求することはできません。

そのため、2年以上残業代を払われない時期が続くという場合には請求できる金額が減ることになります。

また、残業代を故意に支払わない会社の場合は請求しても素直に支払わない場合が多いため、残業した証拠や会社の制度を確認するための証拠を入手する必要がある場合もあります。

そのため残業代を請求する場合は在職中に証拠集めなどの準備を整えておくことがおすすめです。

もし、すでに転職しているという場合は、弁護士に依頼すると、証拠の整理や残業代の計算などの作業を代理で行ってくれます。

これは転職先での仕事もあるので、負担軽減にも繋がります。

また、転職先に交渉や裁判を知られる可能性はほとんどありません。

なぜなら弁護士に依頼した場合以前の勤務先との間だけで交渉や裁判を行うためです。

以前の会社の人が嫌がらせ目的で転職先に言う場合もありますが、これは以前の会社の人に転職先を知られないようにすることで防げます。

他にも、転職先の人が交渉している際の姿や裁判を見る場合もありますが、偶然が重なる必要がありますので可能性としては低いです。

 

Copyright 2017 残業代弁護士プラス