退職後も未払いの残業代は請求できる?

残業代は正式には時間外勤務手当とか休日出勤手当と言いますが、未払いのものについては退職後であろうと請求することはできます。

また、雇用主は支払う義務があるので、未払いが確認できたところで、早めに請求するのがいいでしょう。

というのも、賃金の一部ですから、時効という問題があるからです。

賃金請求権の時効は2年間とされていますので、これを超えてしまうと、もう請求する権利がなくなってしまいます。

細かく言うと、賃金の支払い基準日から2年間ということになります。

そこから2年間の間に手続きするがいいのですが、雇い主が言を左右して明確にしてくれないまま推移した場合で、

2年が経過してしまっても、時効の中断ということで権利は消滅しません。

ただ、電話や口頭ですと、事実の証拠が残らないので文書化して内容証明郵便で送るなどトラブルになった場合の対応が必要です。

雇い主が気がついて、すぐ手続きしますと答えたにもかかわらず支払わないようなことにも備え、

そうした場合、いつ、どこで、どのように請求したかを記録し、文書を作成する時にそのことも書き記すなどが必要になります。

Copyright 2017 残業代弁護士プラス